上司と部下っていう関係性は仕事をしていると多くの人は持っていると思います。
部下がいる人には是非読んでほしいなと思います。

上司の方がそりゃ経験もあるし能力が高いから大きな責任を背負っているのは分かる。
でも、何か言ったことを理解できないっていう責任を部下に押し付ける人間にはなりたくない。正直すごく嫌だ。

部下は上司と言うことを思った以上に真剣に聞いています。どうにか上司の課題を解決しようと頑張っています。
もちろん、自分の中には確固たるイメージがあるんでしょう。でも、それを伝えられていないのに、「どうしてこんなこと分からないんだ」っていう個人攻撃発言がでてくるのはちょっと考えてほしい。

目的に立ち返れ

上司も部下も共通して言えることは「仕事をうまく進めること」が目的なはずです。
個人攻撃をしてしまうような上司の発言は部下を攻めているだけで、目的に立ち返れば無意味なはずです。というか、むしろ逆効果のことをやっているような。

部下にマウントをとりにいっちゃうような上司はなんかコンプレックスでも抱えているんでしょうかね。普通に目的を意識していれば部下を攻め立てるみたいな行動になりませんもんね。

BLEACHの漫画の愛染が「あまり強い言葉を遣うなよ。 弱く見えるぞ。」といった通り、あんまり強い言葉は使わない方がいいと思います。

上司の責任

結局「この人こわい」ってなって話しかけにくくなって、イメージと違うものができてきて、また個人攻撃して、、という負のループになってしまいます。

世間のダメなところは、これを「部下の責任」とすることだと思います。

この負のループを生み出している張本人が「こいつは使えない」と評価を下すの、意味分からないですよね。仕事ができない部下がいたら、上司は自分にも問いかけてみてください。おそらく部下が仕事ができない8割くらいは上司の責任です。

部下の立ち回り方

とはいえ、上司は上司です。環境を変えられるならベストですが、そういうわけにもいかない場合も多々あると思います。
自分は上司と「仲良くなる」ことを意識しています。なんか話しかけてたらきちんと答えてあげる。内心「あっそ」って思っててもちょっと上司が好きそうな受け答えをしてみる。非常にストレスですが、仕事をしているときの心理的ハードルが上がるストレスよりはだいぶマシです。

また、正直に「次のプロジェクトでは○○さんの下は嫌です」と言ってしまいます。一回くらいは経験として学びがあるので有意義なのかなって思います。

いろいろ書きましたが、まあ仕事で失敗とかしても死ぬわけじゃないし、気楽にやりましょう。
でも、部下をもったときは個人攻撃の発言には本当に気を付けた方がいいです。何気なく言った一言、部下は結構覚えています。

書きなぐりみたいな感じでわーっと書いてしまいましたが、まあ「個人攻撃」の発言を部下にはしないでください。ってことです。笑